畳の表替えと裏返し

畳の表替えと裏返し新調するときはいつ頃なのか?

新品の頃は風合いも美しくイ草の香り豊かだった畳も、月日が経つごとに少しずつ色褪せや汚れが気になりはじめるものです。

 

古い畳

 

畳を丸ごと取り替えてしまうのもありですが、年数や劣化具合によってはもっと簡易的な畳替え(畳の表替えや裏返し)で対応できる場合もあります。

 

畳の表替えと裏返し、あまり聞きなれない言葉かもしれませんね。

 

イ草の表面

 

畳の裏返しとは、畳の表面のゴザだけを裏返す畳替えです。

 

畳を新調してから3年未満程度の場合、この裏返しで畳がよみがえる可能性は大です。

 

もしゴザの裏まで汚れていたり、前回の畳替えから5年以上経過している場合は、今度は畳の表替えをすることになります。

 

こちらは裏返しとは違い、ゴザそのものを取り換える畳替えになります。

 

ゴザは完全に新品ですから、ぱっと見は裏返しよりも新品に近い外観になることも少なくありません。

 

畳の表替えや裏返しは新調に比べて費用もかかりませんし、場合によってはその日のうちに新品同様の姿になって戻ってきます。

 

畳の劣化が気になり始めたら、まずは畳の裏返し・裏返しが可能かどうか専門店に依頼して見積もりをとってみましょう。

 

畳の無料見積

 

ただし新調から10年近く経っている畳は内部が予想以上に傷んでおり、カビやダニなどアレルゲンの温床にもなりかねません。

 

ダニ

 

この場合は丸ごと新しいものに取り換えることをおすすめします。

 

⇒ サイトのトップに戻る